貿易業務に関わる仕事

複数の人

貿易事務に従事するためには、貿易に関する知識と経験が必要です。その人の能力によって派遣先が決まりますが、スキルアップすればその上の企業を目指すことも可能です。経験者が優遇される傾向にあり、未経験の場合は英語力を身につけておくことが大事です。派遣会社では、採用に向けて様々なアドバイスが行われています。

詳しく見る

輸出入取引の専門分野

女の人

海外企業に関わりたい

貿易事務の資格は輸出ビジネスをスムーズに進めるための専門知識を有したものです。貿易とはある国と国の間で別の商品を売買する取引のことを意味します。国が違えば言語や関税、法律が異なるため契約の仕方も国内取引と違ってきます。貿易事務の主な仕事内容は輸入品商品受注や発注、輸送手続きなどです。企業が輸出入する際は膨大な量になるので税関手続き時には色々なことを申告しなければいけません。輸入に関する法律や規制、通関や関税などの種類や知識のために必要な貿易事務の資格は、日本貿易実務検定協会の実務検定で取得することが出来ます。この検定試験では受験者のレベルや実務経験にあわせた4つのレベルがあり、それぞれのクラスに挑戦することが出来ます。貿易実務の資格は多くの企業で必要性が高まっており、商社や航空会社、通関業者など活躍の場は幅広く用意されています。貿易事務の働き方としてはカスタマーサービス、書類作成やクレーム処理、アシスタント業務などがあります。貿易事務の検定は誰でも受験することが出来ます。資格取得の流れはまず日本貿易実務検定協会のサイトから受験願書を送信して代金を振り込み、身分証と受験票をもって検定試験を受けます。一年に5回実施され合格率は50%と比較的多くの人が合格しています。貿易や国際実務は毎年法令改正され、環境が激化しています。近年の経済は金融危機を発した不況で、同時不況に陥っています。日本国内では経済の力が弱まる現象が起き、ますます輸出に大きく依存しています。日本の経済の底上げのためには、世界を大きな市場と捉えたより効率的な輸入生産や販売の貿易取引が必要です。そのためにも貿易実務は世界が豊かになる原動力で、やりがいのある実務資格です。

オススメ記事

複数の人

貿易業務に関わる仕事

貿易事務に従事するためには、貿易に関する知識と経験が必要です。その人の能力によって派遣先が決まりますが、スキルアップすればその上の企業を目指すことも可能です。経験者が優遇される傾向にあり、未経験の場合は英語力を身につけておくことが大事です。派遣会社では、採用に向けて様々なアドバイスが行われています。

詳しく見る

ウーマン

目的がある人の働き方

東京で働くのなら派遣社員として働いた方がメリットがあります。特に他にやりたいことがある若い人なら、自由度の高い派遣の方が有利です。東京では派遣社員へのニーズが非常に高いので、自分で働きたい仕事を選ぶことができます。問題になっているサービス残業もないので、気楽に働きながら自分の夢を追うことができます。

詳しく見る

Copyright© 2017 貿易事務の仕事を始めるなら!必要な資格をゲットしよう All Rights Reserved.